食事療法|過敏性腸症候群の治し方

*

過敏性腸症候群ラボ

過敏性腸症候群に関する情報まとめサイト

食事療法

過敏性腸症候群の治し方のひとつに、食事療法があります。腸内環境を整えるには、食事の内容はとても大切。食生活によって、お腹の状態はずいぶん変わってきます。

ここでは、過敏性腸症候群を治すための食事療法についてご説明します。

食物繊維を摂る

過敏性腸症候群を治すためには、根本的な原因であるストレスを取り除くと同時に、腸内環境を改善することが大切です。過敏性腸症候群の場合は家庭や仕事、学校などのストレスに加えて、過敏性腸症候群の症状そのものがストレスになっていることも少なくありません。腸内環境を整えて下痢や便秘の症状を和らげることで、徐々に自信をつけていき、ストレスが減って症状も出にくくなる、といった好循環を目指しましょう。

まず過敏性腸症候群の改善のためにしっかり摂るべきなのは、腸内の老廃物を体外に排出してくれる食物繊維を含んだ食品です。

食物繊維の1日あたりの目標摂取量は、18歳以上の男性で19g以上、女性で17g以上とされています。食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、これを2:1の割合で摂取するのが理想的ですので、「食物繊維なら何でも良い」とどちらか一方に偏った摂り方はしないようにしましょう。

不溶性食物繊維は、ごぼう、ブロッコリー、さつまいも、いんげん豆、大豆などに多く含まれており、水溶性食物繊維は、わかめ、昆布、しいたけ、りんご、バナナなどに多く含まれています。

食物繊維を簡単に摂るにはサプリメントの他、青汁などを利用するのがおすすめです。食物繊維以外の栄養素も豊富に含んでいるため、健康にもよいのがメリットです。

おすすめの青汁については、過敏性腸症候群は青汁で治る?の記事にてご紹介しています。

乳酸菌を摂る

食物繊維の他には、乳酸菌など腸で善玉菌として働く菌を含んだ食品を摂取するのが効果的です。

スポンサーリンク

乳酸菌は過剰摂取による副作用がありませんので、効果を得るためにも「多めの量」を「毎日」摂取するようにしましょう。ヨーグルトであれば、1日100g程度摂取するのが好ましいです。一度に大量に摂ったからといって効果が得られるわけではありません。継続することで徐々に効果が発揮されていきますので、最低でも2~3週間は続けてみましょう。

ただし、乳酸菌は人によって合う、合わないがあります。乳酸菌にもガセリ菌SP株、乳酸菌シロタ株、ラブレ菌などさまざまな種類がありますので、「続けてみたけど効果が得られなかった」と諦めず、違う種類の乳酸菌を試してみてください。

乳酸菌については、過敏性腸症候群は乳酸菌で治る?の記事でも詳しくご説明しています。

アルコール・カフェイン・炭酸飲料は控える

一方で、過敏性腸症候群にはよくない食品もあります。

たとえばアルコールやカフェインなどは、腸に刺激を与えるためあまり摂らないほうが良いとされています。炭酸飲料などもガスが発生しやすくなるので、ガス型の場合は特に避けたほうがよいでしょう。

まれに、小麦を控えることによって過敏性腸症候群が治ったという人もいますが、これは小麦が過敏性腸症候群に悪いのではなく、シリアック病やグルテン不耐症といった別の疾患です。小麦を疑って一度控えてみるのは構いませんが、それで状態が変わらなければいくら控えても意味がありませんので、摂取しても大丈夫です。

カフェイン、小麦、アルコールと過敏性腸症候群の関係については、それぞれ過敏性腸症候群とカフェインの関係過敏性腸症候群と小麦の関係過敏性腸症候群とお酒の関係にて詳しくご説明しています。よろしければあわせてこちらの記事もご覧下さい。

スポンサーリンク

「過敏性腸症候群の治し方」の関連記事

下痢型の場合
下痢型の過敏性腸症候群を治すためには、ストレス解消や食事療法など、いくつかの方法を複合的に行うことが必要です。時間はかかりますが、少しずつでも改善していくように努めましょう。 ここでは、下痢型の過敏性腸症候群の治し方につ […]
便秘型の場合
便秘型の過敏性腸症候群は、下痢型の過敏性腸症候群のように突然のピンチになることは少ないのですが、それでも腹痛などについてはかなり辛い症状になります。 ここでは、便秘型の過敏性腸症候群の治し方についてご説明します。 軽い運 […]
交代型の場合
過敏性腸症候群には、下痢と便秘が数日おきに起こる交代型というタイプがあります。交代型の場合、どちらかに偏った治療が出来ないため、症状改善が難しいです。 ここでは、交代型の過敏性腸症候群の治し方についてご説明します。 病気 […]
ガス型の場合
過敏性腸症候群のガス型は、ガス、つまりおならが気になるだけに、精神的にストレスを感じてしまう人が多いです。 ここでは、ストレス解消や薬、食事療法などによるガス型の過敏性腸症候群の治し方についてご説明します。 簡単な食事療 […]
運動療法
過敏性腸症候群を改善させるために有効なもののひとつが運動療法です。毎日継続して行う適度な運動は、腸の働きを正常にする効果があるのです。 ここでは、過敏性腸症候群の運動療法についてご説明します。 ウォーキングをおこなう 適 […]
睡眠療法
過敏性腸症候群は、ストレスなどによって自律神経のバランスが乱れていることが一因です。そして、自律神経の働きを整えるために重要なのが十分かつ良質な睡眠です。 ここでは、過敏性腸症候群と睡眠療法についてご説明します。 睡眠は […]
薬物療法
過敏性腸症候群の治し方には、薬を使用する薬物療法があります。病院で処方される薬や市販薬、漢方薬とその種類は豊富ですので、状況に応じて使い分けるとよいでしょう。 ここでは、過敏性腸症候群の治し方として、薬を使う方法について […]
ストレスを減らす
過敏性腸症候群において、ストレスを解消することは非常に重要です。ストレスは過敏性腸症候群を引き起こす要因であり、ストレスの軽減なくして症状改善はあり得ません。 ここでは、過敏性腸症候群を改善するストレス解消方法についてご […]
ツボ押し
過敏性腸症候群の症状を改善するためには、薬の服用だけでなく、ツボ押しなどもおこなうのがおすすめです。腹痛や下痢止めなど、人間の体にはさまざまなツボがあります。 ここでは、ツボによる過敏性腸症候群の治し方についてご説明しま […]
タバコをやめる
過敏性腸症候群にタバコは禁物です。ストレス解消にと吸ってしまう人もいますが、体にとってタバコはストレスの元です。現在吸っている人はすぐに止めましょう。 ここでは過敏性腸症候群とタバコについてご説明します。 ニコチンは自律 […]