過敏性腸症候群の診療科|過敏性腸症候群の薬物療法

*

過敏性腸症候群ラボ

過敏性腸症候群に関する情報まとめサイト

TOP > 過敏性腸症候群の薬物療法 > 過敏性腸症候群の診療科

過敏性腸症候群の診療科

過敏性腸症候群らしい症状がある場合は、まずは病院で診察を受けるべきです。

しかし、何科を受診してよいかわからない人もいるのではないでしょうか。

ここでは、過敏性腸症候群では何科を受診すればよいかについてご説明します。

病気の自己診断は危険

突然の腹痛と下痢、便秘、またはそれが交互に現れるのは、過敏性腸症候群の典型的な症状です。

ですが、自己診断するのは危険ですので、必ず医師による診断を受けるようにしましょう。

シリアック病やグルテン不耐症のように、過敏性腸症候群と思っていたけど実は違う疾患だった、ということもあり得ます。この二つの病気については過敏性腸症候群と小麦の関係で詳しくご説明しています。よろしければこちらもあわせてご覧下さい。

腹痛がある場合はまず消化器内科を受診しよう

お腹が痛いときはどの診療科を受診するか迷う人もいるかもしれませんが、下痢や便秘を伴う腹痛ということでもありますから、消化器内科を受診するのが妥当です。

過敏性腸症候群はストレスや自律神経が関係する疾患ということで、いきなり心療内科を受診する人もいますが、まずは検査などによって他の疾患ではないと確認し、過敏性腸症候群だと診断されてから心療内科を検討すれば十分です。

スポンサーリンク

検査の結果によっては、別の消化器系の疾患が見つかる可能性もあります。過敏性腸症候群と診断された場合は症状に応じた薬の処方をしてもらえますし、まずは消化器内科を受診しましょう。

ストレスに起因する過敏性腸症候群の場合は心療内科へ通院することも

心療内科を受診するのは、過敏性腸症候群の根本的な原因であるストレスを取り除くことで症状を軽減させるためです。

過敏性腸症候群の症状は、ある程度改善してもふとした拍子にストレスが復活してしまうとまた現れることがあります。そのため、長期的な治療を行う覚悟も必要です。

消化器内科と心療内科の両方に通うのは抵抗があるかも知れませんが、過敏性腸症候群はどちらの診療も必要とする疾患ですから心配はありません。

気になるようであれば、総合病院を受診して、消化器内科から心療内科を紹介してもらい、両方に通うようにするという方法があります。最近の総合病院は、電子カルテで患者の情報を一元管理していることが多いため、双方の診療科での受診記録がチェックできて、治療の相乗効果が期待できます。

スポンサーリンク

「過敏性腸症候群の薬物療法」の関連記事

処方薬の種類
病院で過敏性腸症候群と診察されると薬を処方されます。医師の処方によって出される薬ですから、より症状に合った種類の薬を処方されますし、市販薬より効果が強いものもあります。 ここでは、過敏性腸症候群の処方薬の種類についてご説 […]
市販薬の種類
過敏性腸症候群は辛いけれどなかなか病院に行く暇がない、という人は市販されている薬でとりあえず症状を抑えましょう。市販薬は種類も豊富で、処方薬と同じ成分を使っているものもあります。 ここでは、過敏性腸症候群の市販薬をご紹介 […]
漢方薬の種類
過敏性腸症候群の症状を軽減するために、漢方薬を使用する人も少なくありません。漢方は副作用の心配がないという点から安心して使えるのがメリットです。 ここでは、過敏性腸症候群の症状改善のために使われる漢方薬についてご説明しま […]
薬の効果
過敏性腸症候群は突然の下痢や腹痛で日常生活にも支障をきたす辛い疾患です。その症状を和らげるためにさまざまな薬が発売されています。 ここでは、過敏性腸症候群の薬の効果についてご説明します。 薬の服用は必ず病名が判明してから […]
薬が効かない理由とその対処法
過敏性腸症候群の薬を飲んだのに効かない、という人もいます。確かに、過敏性腸症候群の場合は薬を飲んだからと言って確実に効くとは限りません。 ここでは、過敏性腸症候群の薬を飲んでも効かない理由やその対処法についてご説明します […]