漢方薬の種類|過敏性腸症候群の薬物療法

*

過敏性腸症候群ラボ

過敏性腸症候群に関する情報まとめサイト

漢方薬の種類

過敏性腸症候群の症状を軽減するために、漢方薬を使用する人も少なくありません。漢方は副作用の心配がないという点から安心して使えるのがメリットです。

ここでは、過敏性腸症候群の症状改善のために使われる漢方薬についてご説明します。

過敏性腸症候群の症状に高い効果を持つ「桂枝加芍薬湯」

過敏性腸症候群は、ストレスなどの要因で腹痛や下痢、便秘などを引きおこす疾患です。自律神経の乱れなども関係しており、症状を抑えながら体質改善を行う漢方薬はその治療に適しています。漢方薬の場合、即効性はありませんが、長期的に服用して徐々に症状が出ないようにしていくのが特徴です。即効性がないと言っても、下痢などには効果を実感したという人も多く、たくさんの人が利用しています。

過敏性腸症候群に使われる代表的な漢方薬は、桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)です。芍薬や桂皮、大棗、甘草、生姜などを配合したもので、芍薬の量が多いために高い鎮痛効果を発揮します。

下痢型だけでなく交代型にも効果的で、過敏性腸症候群の場合はまずこの漢方薬を使用することが多いです。便秘の場合も使用されており、副作用があったり徐々に効きが悪くなったりする市販の便秘薬に比べて使いやすいと好評です。

スポンサーリンク

症状にあわせて「甘草瀉心湯」「真武湯」「紫胡桂枝湯」「小建中湯」なども服用するとよい

甘草瀉心湯(かんぞうしゃしんとう)、真武湯(しんぶとう)、紫胡桂枝湯(さいこけいしとう)、小建中湯(しょうけんちゅうとう)などは、それぞれ疲れやすいときやイライラするときなど、細かい症状によって使い分けられています。

漢方はドラッグストアなどでも売られていますが、自己判断せず、専門医に相談して適した漢方薬を選ぶようにしましょう。そうすることでより効率的に症状を緩和することができます。

継続的に使っても副作用の心配がなく、体に優しいのが漢方薬の魅力です。過敏性腸症候群の場合は、下痢を止める即効性も大切ですが、頻繁にお腹が痛くなる体質そのものを改善したいという人も多いので、漢方薬を選ぶ人も少なくないのです。

病院から処方される薬については過敏性腸症候群の薬の種類、市販薬については過敏性腸症候群の薬(市販)の種類にてご紹介しています。また、薬以外の方法で症状を改善する方法については過敏性腸症候群の治し方カテゴリーで詳しくご説明していますので、よろしければこちらもあわせてご覧ください。

スポンサーリンク

「過敏性腸症候群の薬物療法」の関連記事

処方薬の種類
病院で過敏性腸症候群と診察されると薬を処方されます。医師の処方によって出される薬ですから、より症状に合った種類の薬を処方されますし、市販薬より効果が強いものもあります。 ここでは、過敏性腸症候群の処方薬の種類についてご説 […]
市販薬の種類
過敏性腸症候群は辛いけれどなかなか病院に行く暇がない、という人は市販されている薬でとりあえず症状を抑えましょう。市販薬は種類も豊富で、処方薬と同じ成分を使っているものもあります。 ここでは、過敏性腸症候群の市販薬をご紹介 […]
薬の効果
過敏性腸症候群は突然の下痢や腹痛で日常生活にも支障をきたす辛い疾患です。その症状を和らげるためにさまざまな薬が発売されています。 ここでは、過敏性腸症候群の薬の効果についてご説明します。 薬の服用は必ず病名が判明してから […]
薬が効かない理由とその対処法
過敏性腸症候群の薬を飲んだのに効かない、という人もいます。確かに、過敏性腸症候群の場合は薬を飲んだからと言って確実に効くとは限りません。 ここでは、過敏性腸症候群の薬を飲んでも効かない理由やその対処法についてご説明します […]
過敏性腸症候群の診療科
過敏性腸症候群らしい症状がある場合は、まずは病院で診察を受けるべきです。 しかし、何科を受診してよいかわからない人もいるのではないでしょうか。 ここでは、過敏性腸症候群では何科を受診すればよいかについてご説明します。 病 […]