食事レシピ|過敏性腸症候群の食事療法

*

過敏性腸症候群ラボ

過敏性腸症候群に関する情報まとめサイト

食事レシピ

過敏性腸症候群の場合、ストレスをなくすことも大切ですが、腸に負担がかからない食事レシピで腸内環境を改善することも大切です。

ここでは、食べることで徐々に症状が改善する、過敏性腸症候群におすすめのレシピをいくつかご紹介します。

キャベツのスープ

キャベツ・人参・玉ねぎなどの野菜を1センチ角に切り、同じくカットしたベーコンやウインナーなどと一緒にコンソメスープで煮込みます。キャベツがクタクタになったら出来上がりです。

トマト缶を足してまた煮込むとミネストローネ風になって違った味を楽しむことができます。

キャベツは食物繊維が豊富で、煮込むと軟らかくなるため、お腹の弱い人にはおすすめの食材です。

ポテトピザ

薄くスライスしたジャガイモに、玉ねぎやホウレン草など好みの野菜を乗せます。その上にスライスしたトマトを重ね、チーズを乗せてトースターやオーブンで焼き上げます。

野菜がたっぷり摂れる上にボリュームがあるので食べごたえ十分です。子供のおやつにも喜ばれます。

じゃがいもはかなり薄くしないと焼けないので注意してください。スライスではなく、フードプロセッサーなどで砕いたものをシートに広げると、ハッシュドポテトのようになって美味しいです。

スポンサーリンク

雑炊

鍋に薄めの出汁を入れて、細かく刻んだ大根、白菜などの野菜と共に火にかけます。野菜が軟らかくなるまで煮えたら、ご飯を入れ、少々煮込み、塩とだし醤油で味を調えます。溶き卵を回しいれて火を止め、もみ海苔を散らして完成です。

より軟らかいご飯が好きなら、ご飯を入れて煮込んだ後にふたをして火を止め、10~15分程度置いておくとかなり軟らかくなります。この場合はかなり水分を吸うので、もともとの水の量を多めにしておきましょう。

腸を健康にする栄養素やストレス軽減に効果のある栄養素を摂取しよう

過敏性腸症候群、特に下痢型の場合は、腸に負担をかけず、それでいて腸内環境を改善する食事が大切です。食物繊維などが多い食品を積極的に摂るようにしましょう。

便秘型やガス型の場合は、腸内の悪玉菌が増えているために便秘が起こったりガスが溜まっているとも考えられます。この場合もまた食物繊維の摂取が重要になりますが、腸をキレイにしてくれる善玉菌の一種、乳酸菌を多く含んだヨーグルトなどを摂取することも効果的です。

また、過敏性腸症候群はストレスを要因とする疾患ですので、ストレスを和らげる効果のあるビタミンCを一緒にとるのも有効です。

食事療法については、過敏性腸症候群の治し方~食事療法~過敏性腸症候群の食事療法カテゴリーの記事で詳しくご説明しています。よろしければあわせてこちらもご覧ください。

スポンサーリンク

「過敏性腸症候群の食事療法」の関連記事

青汁
過敏性腸症候群の改善のためには、腸内環境を整えることも有効です。青汁は食物繊維や栄養分が豊富であることから、過敏性腸症候群改善を目的として飲む人もいます。 ここでは、過敏性腸症候群と青汁についてご説明します。 青汁は腸内 […]
乳酸菌
過敏性腸症候群の食事療法として、乳酸菌を摂取するという方法があります。もちろんそれだけで治るわけではないのですが、腸内環境を改善することは症状改善にプラスに働きます。 ここでは、過敏性腸症候群と乳酸菌についてご説明します […]
カフェイン
カフェインは過敏性腸症候群を悪化させます。そのため、過敏性腸症候群の人は出来るだけ緑茶やコーヒーなど、カフェインを含んだ飲料は控えたほうが良いです。 ここでは、過敏性腸症候群とカフェインについてご説明します。 カフェイン […]
小麦
過敏性腸症候群と診断された患者の一部は、小麦の成分であるグルテンによって引き起こされるシリアック病やグルテン不耐症の可能性があります。 ここでは、過敏性腸症候群と小麦についてご説明します。 過敏性腸症候群と似た症状を起こ […]
アルコール
多少たしなむ程度ならかまいませんが、過敏性腸症候群にお酒はよくありません。特に下痢症状が出やすい人は、飲み過ぎに注意した方が良いでしょう。 ここでは、過敏性腸症候群とお酒についてご説明します。 お酒は腸での水分吸収を阻害 […]