アルコール|過敏性腸症候群の食事療法

*

過敏性腸症候群ラボ

過敏性腸症候群に関する情報まとめサイト

アルコール

多少たしなむ程度ならかまいませんが、過敏性腸症候群にお酒はよくありません。特に下痢症状が出やすい人は、飲み過ぎに注意した方が良いでしょう。

ここでは、過敏性腸症候群とお酒についてご説明します。

お酒は腸での水分吸収を阻害する

お酒の飲み過ぎは健康に良くないのは当然ですが、特に過敏性腸症候群の患者においては注意が必要です。その中でも下痢症状が出やすいタイプの人はお酒は控えた方が良いでしょう。

理由のひとつは、アルコールによって腸での水分吸収が阻害されるためです。

過敏性腸症候群でなくても、お酒を飲んだ翌日はお腹を壊しやすいという人は多いのではないでしょうか。下痢を起こしやすいということは、そもそも便の水分が多すぎるということです。通常、便は腸で適度に水分が吸収されてから排出されるのですが、それが十分におこなわれないと水っぽい便が排出されることになります。つまり下痢になってしまうのです。

アルコールは摂取し過ぎると腸での水分吸収を妨げてしまうので、下痢を引き起こします。過敏性腸症候群の患者、特に下痢型の人はお酒の摂取量に注意しましょう。

スポンサーリンク

お酒の過剰摂取は自律神経に負担をかける

また、お酒を飲み過ぎて酔っ払うと、自律神経に負担がかかります。自律神経への負担はストレスの元となるため、それによってお腹が痛くなったり、下痢などの症状が現れたりします。

特に、お酒を飲んだ時に気持ち悪くなったり、顔が蒼白になったりするタイプの人は気を付けてください。そのような状態に陥るということは、体がアルコールに弱く、腸や自律神経にかなりの負担がかかっているということです。

お酒の適量摂取は自律神経を活性化させる

とはいえ、付き合いもありますし、お酒を完全に断つことは難しいでしょう。楽しく飲む適量のお酒は逆に自律神経を活性化させますから、一滴も飲んではいけないというわけではありません。飲み過ぎは過敏性腸症候群に良くないという意識を持ち、ほどほどの量に抑えることが大切です。

体質やその日の体調によって違いますが、一般的にはアルコール度数5度のビールで500ml中瓶1~2本、缶チューハイで520ml1.5~3缶ほどが1日に摂取するアルコールの適量と言われています。

適量と言っても毎日飲み続けるのはあまり良いことではありませんので、最低でも週に2日は休肝日を設けましょう。

スポンサーリンク

「過敏性腸症候群の食事療法」の関連記事

青汁
過敏性腸症候群の改善のためには、腸内環境を整えることも有効です。青汁は食物繊維や栄養分が豊富であることから、過敏性腸症候群改善を目的として飲む人もいます。 ここでは、過敏性腸症候群と青汁についてご説明します。 青汁は腸内 […]
乳酸菌
過敏性腸症候群の食事療法として、乳酸菌を摂取するという方法があります。もちろんそれだけで治るわけではないのですが、腸内環境を改善することは症状改善にプラスに働きます。 ここでは、過敏性腸症候群と乳酸菌についてご説明します […]
カフェイン
カフェインは過敏性腸症候群を悪化させます。そのため、過敏性腸症候群の人は出来るだけ緑茶やコーヒーなど、カフェインを含んだ飲料は控えたほうが良いです。 ここでは、過敏性腸症候群とカフェインについてご説明します。 カフェイン […]
小麦
過敏性腸症候群と診断された患者の一部は、小麦の成分であるグルテンによって引き起こされるシリアック病やグルテン不耐症の可能性があります。 ここでは、過敏性腸症候群と小麦についてご説明します。 過敏性腸症候群と似た症状を起こ […]
食事レシピ
過敏性腸症候群の場合、ストレスをなくすことも大切ですが、腸に負担がかからない食事レシピで腸内環境を改善することも大切です。 ここでは、食べることで徐々に症状が改善する、過敏性腸症候群におすすめのレシピをいくつかご紹介しま […]