小麦|過敏性腸症候群の食事療法

*

過敏性腸症候群ラボ

過敏性腸症候群に関する情報まとめサイト

小麦

過敏性腸症候群と診断された患者の一部は、小麦の成分であるグルテンによって引き起こされるシリアック病やグルテン不耐症の可能性があります。

ここでは、過敏性腸症候群と小麦についてご説明します。

過敏性腸症候群と似た症状を起こすシリアック病とグルテン不耐症

日本ではあまり話題になっていませんが、小麦に含まれるグルテンという成分が引き起こすシリアック病やグルテン不耐症という病気がアメリカで注目されています。小麦から作るパンなどを主食とするアメリカでは、確かに気になる話題でしょう。日本でもパンの割合は増えているにもかかわらず、「パンがだめならお米があるし」という感覚からか危機感が薄いようです。

このシリアック病やグルテン不耐症の症状が、過敏性腸症候群の症状とほとんど一致しており、過敏性腸症候群だと思っていたが実はシリアック病(またはグルテン不耐症)だったということがあります。

スポンサーリンク

ちなみにシリアック病は腹痛や下痢を起こしたり、ガスが溜まりやすくなるのが主な症状で、小麦に含まれるグルテンを原因とする自己免疫疾患です。日本語の病名は腹腔小児脂肪便症といいます。同じような症状でありながら、自己免疫疾患ではない体質をグルテン不耐症と呼び、こちらもグルテンが原因です。

小麦を抜いて症状が完治した場合はシリアック病かグルテン不耐症

日本では腹痛などで受診した場合にシリアック病やグルテン不耐症の検査を行うわけではないので、過敏性腸症候群の患者の一部はこれらの疾患ではないかと疑う声もあります。

過敏性腸症候群はストレスなどによる自律神経の働きが影響しているので、食べ物を変えるだけで簡単には治りません。

しかし、シリアック病やグルテン不耐病の場合は、小麦を除去することで過敏性腸症候群の症状が完治します。「小麦を抜いたら治った」という人は、シリアック病やグルテン不耐症であり、過敏性腸症候群ではなかったということになります。過敏性腸症候群の場合は小麦を抜いても病気が治るわけではありません。

とはいえ、つらい過敏性腸症候群の症状が治まるかもしれないのであれば、しばらく小麦を抜いて様子を見る価値はあるでしょう。

スポンサーリンク

「過敏性腸症候群の食事療法」の関連記事

青汁
過敏性腸症候群の改善のためには、腸内環境を整えることも有効です。青汁は食物繊維や栄養分が豊富であることから、過敏性腸症候群改善を目的として飲む人もいます。 ここでは、過敏性腸症候群と青汁についてご説明します。 青汁は腸内 […]
乳酸菌
過敏性腸症候群の食事療法として、乳酸菌を摂取するという方法があります。もちろんそれだけで治るわけではないのですが、腸内環境を改善することは症状改善にプラスに働きます。 ここでは、過敏性腸症候群と乳酸菌についてご説明します […]
カフェイン
カフェインは過敏性腸症候群を悪化させます。そのため、過敏性腸症候群の人は出来るだけ緑茶やコーヒーなど、カフェインを含んだ飲料は控えたほうが良いです。 ここでは、過敏性腸症候群とカフェインについてご説明します。 カフェイン […]
アルコール
多少たしなむ程度ならかまいませんが、過敏性腸症候群にお酒はよくありません。特に下痢症状が出やすい人は、飲み過ぎに注意した方が良いでしょう。 ここでは、過敏性腸症候群とお酒についてご説明します。 お酒は腸での水分吸収を阻害 […]
食事レシピ
過敏性腸症候群の場合、ストレスをなくすことも大切ですが、腸に負担がかからない食事レシピで腸内環境を改善することも大切です。 ここでは、食べることで徐々に症状が改善する、過敏性腸症候群におすすめのレシピをいくつかご紹介しま […]