乳酸菌|過敏性腸症候群の食事療法

*

過敏性腸症候群ラボ

過敏性腸症候群に関する情報まとめサイト

乳酸菌

過敏性腸症候群の食事療法として、乳酸菌を摂取するという方法があります。もちろんそれだけで治るわけではないのですが、腸内環境を改善することは症状改善にプラスに働きます。

ここでは、過敏性腸症候群と乳酸菌についてご説明します。

乳酸菌を摂ることは症状緩和につながる

過敏性腸症候群の原因は、主に自律神経のバランスが乱れていることにあります。そのため、腸内環境を改善するだけで完璧に治るというわけではありません。

しかし、腸内環境を改善することは症状の緩和につながります。

乳酸菌とはいわゆる善玉菌の代表格です。有害物質を発生させたり、免疫力を下げて病気の感染率をあげるなど、人体にさまざまな悪影響を与える悪玉菌をやっつけてくれるのが善玉菌です。

悪玉菌が増えると便秘、下痢、ガスなどの症状に悩まされるほか、風邪や胃腸の病気にかかりやすくなります。そのため、乳酸菌をしっかり摂ると過敏性腸症候群の症状が和らぐだけではなく、病気になりにくい体になります。

乳酸菌はヨーグルトや和食に多く含まれている

とはいえ、乳酸菌を腸に届けるのは簡単ではありません。乳酸菌を含む食品は多いのですが、普通に摂取したのでは、せっかくの乳酸菌が胃酸などによって死んでしまいます。

そのため、ヨーグルトなどで摂るには「乳酸菌が腸に届く」と銘打ってあるものを選んだほうが良いでしょう。また、植物性の乳酸菌のほうが、動物性のものより生きたまま腸に届きやすい傾向があります。

スポンサーリンク

摂取量については、ヨーグルトで乳酸菌を摂取する場合、1日100gほどが理想的とされています。空腹時に摂取すると乳酸菌が胃酸に負けて効果を発揮できませんので、食後に食べるようにしましょう。

乳酸菌には350ほどの種類があり、人によって合う乳酸菌と合わない乳酸菌があります。ガセリ菌SP株、乳酸菌シロタ株、ラブレ菌、LG21乳酸菌、プラズマ乳酸菌などが代表的な乳酸菌です。色々試してみて、自分に合うものを探しましょう。

また、漬物や醤油などの日本食には植物性の乳酸菌を豊富に含んだものが多いので、和食中心の生活をしていれば自然と腸内環境も改善されていきます。

食品から摂れない場合はサプリメントで補おう

乳酸菌を摂取するには、サプリメントを利用するという方法もあります。

サプリメントの多くは乳酸菌がきちんと腸まで届くように工夫されているので、効率よく乳酸菌を摂ることができます。ヨーグルトや乳酸菌飲料が苦手だというかたにはサプリメントで乳酸菌を補うことをおすすめします。

消化に悪いものは×

逆に、脂っこいものなど消化に悪いものを食べると、腸内の悪玉菌が増えようとしてきます。悪玉菌が増えると、善玉菌の増加が妨げられ、腸内環境が悪化してしまいます。

過敏性腸症候群の場合は、ストレスを減らすなど自律神経の正常化に努めるだけでなく、食生活などを通じて腸内環境を良好に保つことが必要です。腸内環境を良好に保つことで、便の状態が落ち着くこともあります。  

スポンサーリンク

「過敏性腸症候群の食事療法」の関連記事

青汁
過敏性腸症候群の改善のためには、腸内環境を整えることも有効です。青汁は食物繊維や栄養分が豊富であることから、過敏性腸症候群改善を目的として飲む人もいます。 ここでは、過敏性腸症候群と青汁についてご説明します。 青汁は腸内 […]
カフェイン
カフェインは過敏性腸症候群を悪化させます。そのため、過敏性腸症候群の人は出来るだけ緑茶やコーヒーなど、カフェインを含んだ飲料は控えたほうが良いです。 ここでは、過敏性腸症候群とカフェインについてご説明します。 カフェイン […]
小麦
過敏性腸症候群と診断された患者の一部は、小麦の成分であるグルテンによって引き起こされるシリアック病やグルテン不耐症の可能性があります。 ここでは、過敏性腸症候群と小麦についてご説明します。 過敏性腸症候群と似た症状を起こ […]
アルコール
多少たしなむ程度ならかまいませんが、過敏性腸症候群にお酒はよくありません。特に下痢症状が出やすい人は、飲み過ぎに注意した方が良いでしょう。 ここでは、過敏性腸症候群とお酒についてご説明します。 お酒は腸での水分吸収を阻害 […]
食事レシピ
過敏性腸症候群の場合、ストレスをなくすことも大切ですが、腸に負担がかからない食事レシピで腸内環境を改善することも大切です。 ここでは、食べることで徐々に症状が改善する、過敏性腸症候群におすすめのレシピをいくつかご紹介しま […]