過敏性腸症候群の種類|過敏性腸症候群の基礎知識

*

過敏性腸症候群ラボ

過敏性腸症候群に関する情報まとめサイト

TOP > 過敏性腸症候群の基礎知識 > 過敏性腸症候群の種類

過敏性腸症候群の種類

原因不明の腹痛や下痢などに悩まされる過敏性腸症候群には、症状によって4つの種類があると言われています。

それは、下痢型、便秘型、交代型、ガス型の4タイプ。

ここでは、タイプ別の症状の特徴などを説明します。

下痢型

原因不明の下痢が突発的に起こるのが特徴です。仕事中や通勤電車の中、授業中などに所構わず起こる上、「ここでお腹が痛くなると困る」という心配がストレスになって症状が起こりやすくなります。

また、腸のぜん動運動(胃酸で消化しきれなかった内容物を腸に移動させる運動)が必要以上に活発になることで下痢が起こるとも言われているので、食後すぐに下痢を起こすケースも多いです。

このタイプは比較的男性に多く見られます。

この下痢が続くことによって体重が減るようなことはありませんが、程度によっては外出中に下痢を起こす不安から外出を避けるようになるなど、日常生活に支障をきたすこともあります。

下痢型の治し方については、過敏性腸症候群(下痢型)の治し方にて詳しくご説明しています。

便秘型

腸のぜん動運動が正常に行われなかったり、S状結腸の痙攣によって便が出にくくなるのが、この便秘型です。

スポンサーリンク

便意はあり、お腹も痛くなるのですが、便が出ないため苦痛を感じます。便は硬く、場合によってはウサギの糞のようにコロコロした状態になります。

比較的女性に多いタイプで、市販の便秘薬で対応している人も少なくありません。

便秘型の治し方については、過敏性腸症候群(便秘型)の治し方にて詳しくご説明しています。

交代型

数日おきに下痢と便秘の症状が繰り返されるのが交代型です。

交代の周期はたいてい数日程度ですが、下痢・便秘の周期や程度には個人差があります。

交代型の治し方については、過敏性腸症候群(交代型)の治し方にて詳しくご説明しています。

ガス型

ガスが腸内に溜まりやすく、頻繁にガスが出てしまうのがこのタイプです。

ガスというのはつまりおならのことですから、「ガスが出てしまったらどうしよう」「臭いがしているのでは」というストレスから外出に不安を覚えるようになるなど、日常生活に支障をきたすこともあります。

腸内環境の悪化や、腸の働きが活発過ぎることがガス発生の原因だと考えられますが、ストレスによってより多くの空気を吸ってしまうのも一因です。

ガス型の治し方については、過敏性腸症候群(ガス型)の治し方にて詳しくご説明しています。

スポンサーリンク

「過敏性腸症候群の基礎知識」の関連記事

過敏性腸症候群の症状
過敏線腸症候群には腹痛だけでなく、下痢やガス、頭痛、口臭などさまざまな症状があります。どれも基本的にはストレスが要因となっており、複数の症状を併発することも少なくありません。 ここでは、過敏性腸症候群の症状についてご説明 […]
過敏性腸症候群の原因
レントゲンや内視鏡検査などをおこなっても明確な原因がわからないのが過敏性腸症候群の特徴です。原因はストレスなどの精神的なもののほか、生活習慣や食生活なども関係していると考えられています。 ここでは、過敏性腸症候群の原因に […]
過敏性腸症候群の治し方
過敏性腸症候群は症状も原因もさまざまなので、治し方もそれによって違ってきます。医師に相談したり、いろいろ試したりして自分に合った方法を見つける必要があります。 ここでは、過敏性腸症候群の治し方についてご説明します。 自律 […]
過敏性腸症候群セルフチェック
腹痛や下痢は時々あるけれど、これが過敏性腸症候群かどうかわからない、という人も少なくありません。医師による診断が確実ではありますが、受診の目安としてまずはセルフチェックをしてみましょう。 ここでは、その方法についてご説明 […]