ガスのツボ|過敏性腸症候群のツボ

*

過敏性腸症候群ラボ

過敏性腸症候群に関する情報まとめサイト

TOP > 過敏性腸症候群のツボ > ガスのツボ

ガスのツボ

ガス型の過敏性腸症候群も、日常生活においては困った症状が多いです。職場や学校などで頻繁にガスが出そうになるのは困りますから、ツボを押してガスが出にくい体にしていきましょう。

ここでは、過敏性腸症候群のガスを止めるツボについてご説明します。

ガスのツボ①大腸兪

過敏性腸症候群のツボ~ガス~

大腸兪(だいちょうゆ)は背中の腰あたりにあるツボです。ベルトの高さが目安で、背骨の中心から指2本分左右に離れたところにあります。

ストレスなどによる膨満感を改善し、おなかがゴロゴロいわないように働きかけるツボです。ガス型にはピッタリのツボなので、普段から押して胃腸の調子を整えるようにしておきましょう。

背中ではありますが、慣れると腰に手を回す感じで意外と自分でも押しやすい場所なので、場所を覚えて定期的に押す習慣をつけておくとよいでしょう。

ガスのツボ②合谷

過敏性腸症候群のツボ~ガス~

手の親指と人さし指の間にあるのが合谷(ごうこく)です。

胃腸をはじめ、頭痛や喉の痛み、歯痛など幅広い痛みに効く有名なツボです。ガスだけではなく、過敏性腸症候群全般に効果を発揮します。

スポンサーリンク

やわらかい場所なのでグッと力をいれて刺激しましょう。痛みを感じるまで押す必要はありませんが、痛気持ちよいくらいが丁度良いです。効果が多様なツボなので、手が空いたらとりあえず押しておくとよいでしょう。

ガスのツボ③手の薬指の爪の両端

過敏性腸症候群のツボ~ガス~

手の薬指の爪の両端には、交感神経を優位にするツボがあります。

この部分を指でつまむようにして、刺激を与えてやりましょう。なお、交感神経は活動時に働く神経なので、就寝前には刺激を与えないようにしてください。

これは「爪揉み健康法」というもので、薬指以外の爪についてもさまざまな病気の症状を改善するツボがあります。

ガスを抑えるツボは比較的押しやすい部分にある

ガス型の過敏性腸症候群の困ったところは、学校や仕事場などところ構わずガス(おなら)が出そうになるところです。実際にガスが漏れてしまうこともあり、臭いが気になってストレスとなり、さらに症状が悪化してしまいます。

ガスが溜まると辛いですし、ゴロゴロ音が鳴るのも困りますから、ツボ押しなどでその場を凌いだり、胃腸の状態を改善していくようにしましょう。ガスを抑えるツボはどれも比較的押しやすい場所にあるので、人目のある場面でもおこなえるのが嬉しいところです。

ガス以外のツボについては、過敏性腸症候群のツボ~腹痛~過敏性腸症候群のツボ~下痢~過敏性腸症候群のツボ~頭痛~にてご紹介していますので、腹痛、下痢、頭痛などの症状にお悩みの方はこちらの記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

「過敏性腸症候群のツボ」の関連記事

腹痛のツボ
過敏性腸症候群による急な腹痛を抑えるには、ツボを押すのが有効です。腹痛の場合は、胃・脾・大腸区などのツボが有効だと言われています。 ここでは、過敏性腸症候群の腹痛に効くツボと、ツボの押し方などについてご説明します。 腹痛 […]
下痢のツボ
過敏性腸症候群の困ったところは、ところ構わずお腹が痛くなって下痢をもよおすところです。電車の中など、どうしてもすぐにトイレに行けない場合は、ツボを押して凌ぎましょう。 ここでは、過敏性腸症候群の下痢症状に効くツボについて […]
頭痛のツボ
過敏性腸症候群の症状のひとつに頭痛があります。急なお腹の痛みも困りますが、ズキズキする頭痛も辛いものです。頭痛に効くツボで、痛みを少しでも和らげましょう。 ここでは、過敏性腸症候群の頭痛に効くツボについてご説明します。 […]