過敏性腸症候群ラボについて

*

過敏性腸症候群ラボ

過敏性腸症候群に関する情報まとめサイト

過敏性腸症候群ラボについて

過敏性腸症候群は、通称「IBS(Irritable Bowel Syndrome)」とも呼ばれる疾患です。昔は大腸炎や過敏性大腸症候群と呼ばれていましたが、現在は過敏性腸症候群と呼ばれるのが一般的です。

特に検査をしても原因があるわけではないのに、腹痛やお腹の張りを感じたり、便秘や下痢を起こしたりするのがその主な症状です。人によってはガスが出やすくなったり、お腹の音が鳴りやすくなったりもします。消化器内科を受診する人の半数~1/3、日本人の成人全体の1~2割に症状がみられるほどよくある疾患だと言われています。

原因のひとつにストレスがあるとも考えられていますが、腹痛や下痢が頻繁に起こると日常生活にも支障をきたしますし、それがストレスになって更に症状が悪化することもあります。特に下痢は何日も続くと体力が著しく低下してしまうので、別の病気を引き起こすこともあります。そもそも腸はストレスや体調、生活習慣などに左右されやすい臓器で、夏場にアイスを食べ過ぎてお腹を壊したり、食べ過ぎてお腹が痛くなったりするのは誰にでもあることです。

このように、原因がはっきりしていて、しかも一時的な腹痛であれば問題ないのですが、過敏性腸症候群の場合は理由なく繰り返し症状が起こります。原因が不明なために予防もしづらく、体質だから、と諦めてしまう人も少なくありません。

精神状態とも深く関わっており、「ここでお腹が痛くなったら困る」と思うと余計にお腹が痛くなるということもあります。そのため、消化器内科だけでなく、心療内科の受診によって症状が軽減する場合もあります。

また、生活習慣や食生活を改善することも大切ですので、症状に合わせて食事の内容などに注意するようにしたほうがよいでしょう。

過敏性腸症候群ラボは、過敏性腸症候群について広く世間の人たちに知ってもらい、理解を深めることを目的とした無料の情報提供サイトです。慢性的な原因不明の下痢や便秘に悩む人たちに過敏性腸症候群についての解説を行うことで、お悩み解消のサポートをします。